工学修士のオンラインカジノ覚え書き

カジノは楽しんでかつ勝ってこそ意味がある! 儲けたい! てなわけで、ちまたの攻略法を徹底検証。 カジノゲームのルール紹介もしています。

William Hill Casino Club 日本語
William hill に新しいゲームが入ったようでそれを紹介します。
それが、「ホールデンショーダウン」。
簡単に言うと、ポーカーの変形版で7枚のカードでディーラーと勝負するというものです。
カードの強さについては、毎度同じ「3カードポーカー @32redcasino」をご覧下さい。


☆簡単に言うと、カジノホールデムの変形版(7枚のカードでのポーカー)といったところです。
 プレイヤーは、2枚ずつ4組のカードが配られます。
 「これぞ勝てる!!」といった組に、「Win」として賭けます。
 逆に、「これなら負ける!!」といった組に、「Lost」として賭けることもできます。




1.アンティはなく、とりあえずお金払うとこんな感じでカードが展開されます。
  このあとで、5枚のカードが配られるのですが、その前に手元の4つのハンドから、
  1つ選びます。この時、自分が負ける(=ディーラーが勝つ)か自分が勝つかを
  選ぶことができます。
Image2
 
2. ディーラーとプレイヤーの間に5枚のカードが配られます。
Image4

何とか勝ち越し。 まあ、このあと連敗するんですがw
3.ゲームをやめたい時は、「バンクオール」をクリックすると勝ち金を引き下ろすことができます。

以上、新ゲームの簡単なルール説明でした。 

 

下の表は、ココモ法を使った場合の各回の賭け金と、それまでの総賭け金、そして、配当と連敗する可能性を書いております。
スクリーンショット_2014_05_12_21_52

ココモ法は、負ければ負けるほど勝ち金が増えるベッティングしすてむです。
しかしですよ、例えば、5連敗して買った場合、配当は$4しかありません。
6回目の賭け金は$8なので、これなら別のゲームをした方が、儲けも大きいと感じてしまいます。

そして、もう一点。
10連敗する可能性は、約2%。100回に2回なので、連続してゲームをする場合には、
10連敗する確率も意外と目が切り離せません。 


色んなオンラインカジノにあるのに、よくゲームルールがわからないゲームと言うことで、
「カジノホールデム」のルール紹介です。 笑

自分の持っているカード2枚と真ん中の5つのカード、合計7枚のカードでディラーと勝負をおこないます。ディーラーも2枚のカードを持っています。役は通常のポーカーと同じになります。

1. アンティを支払います(ポーカー系は基本かかりますよね)。
Image2

2.自分とディラーに2枚ずつ、真ん中に3枚のカードが配られます。
  この時点でプレーヤーは、コール(ゲームを続ける)かフォールド
 (ゲームから降りる=アンティを捨てる)かを選びます。
  Kのワンペアだったのそこそこ強いと思い、「コール」します。
Image3

3.ディーラーのカードがオープンされ、真ん中の部分に残りの2枚を出して、勝負となります。
  スリーカード…。ツーペアなのに…。という風にゲームを進めていきます。はぁ。
Image5

  

このページのトップヘ